テーマ:鎌倉

北鎌倉へ

もしストレス解消法は?と聞かれたら 思いっきり花をボカすこと そして友達とおしゃべりをすること と答えるかもしれません。 友達4人と北鎌倉へ行ってきました。 北鎌倉駅から明月院、亀ガ谷坂切通しをのぼって海蔵寺。 再び切通しを戻って浄智寺。 私の好きなお寺ばかり・・・それもそのはず 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春への道標-ミチシルベ-

鎌倉・瑞泉寺のウメ・梅です。 広い敷地内のたくさんある梅の中で、 花が開いていたのはふたつみつ・・・。 春が待ちきれなかったのでしょうね。 ロウバイも咲いていました。 今回は瑞泉寺のウメやロウバイが目的で鎌倉に行ったわけではありません。 何をしに行ったのかはまた後日(^^)v
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

真昼の灯り

今年も咲いていました。 東慶寺のロウバイ。 白っぽい花びらと紫の花びらが重なっている かわいいロウバイです。 昨年何度も何十枚も撮っているのにアップしていません。 こんな風に撮りたいという思いはあるのですが 思うように撮れません。 今年も同じです。 でも載せちゃいます。 下は明月院のロウバイ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

とける・・・

北鎌倉へ行ってきました。 明月院のロウバイ・蝋梅。 昨日降った雨のしずくと太陽の光で、花がとけてしまいそうです。 唖春雑記には 東慶寺で撮った写真を載せてみました。 対照的な写真です。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小さなお姫さま

鎌倉・円覚寺へ行った目的は紅葉を見るためでありません。 このヒメツルソバ・姫蔓蕎麦を見るためです。 夏に行ったときは、暑さのためか弱々しく咲いていました。 今は元気に咲いています。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

額紫陽花色いろ

好きなガクアジサイ・額紫陽花。 あんなふうに・・こんなふうに撮ってみたいな~と思いながら・・なかなか思うようには撮れません。 でも、この花が美しいことには変わりありません。  浄智寺のガクアジサイ  始めの2枚、背景の赤は春モミジです。 {%キラキ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

キセキ

最近テレビドラマをあまり見なくなりました。PCに向かう時間が長いからかもしれませんね。 そんな中で欠かさず見ているのが『ROOKIES(ルーキーズ)』。学園物はあまり見ないのですが、これは『少年ジャンプ』連載時からファンでした。そのエンディングに流れる歌が好きです。 GReeeeN 『キセキ』  あなたにたどりつい…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

明月院・紫陽花Ⅱ

好きなガクアジサイ・額紫陽花。 空間にふわりと浮かしてみたくなります。 ブルーだけではなく白もあります。 写真誌などを見ると皆さん、紫陽花には雨じゃないとおっしゃいます。 そんなこと言ったってこんなに素敵な快晴です。太陽に透かしてみたくなります。 葉も綺麗です。
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

明月院・紫陽花Ⅰ

鎌倉明月院。 以前もご紹介したオシャレな花想い地蔵さま(←過去ブログはここをクリックしてください)。この時はロウバイの花をたくさん撮らせていただきました。 お地蔵さまはブルーのアジサイをもっていらっしゃいますが、明月院のアジサイは水色が多いようです。白から青になりかけているのでしょうか?この水色が青空と似合っていて爽やか…
トラックバック:2
コメント:24

続きを読むread more

浄智寺・紫陽花

鎌倉・明月院、浄智寺、東慶寺を回ってきました。 写真のできは??・・・ともかく・・・たっぷりシャッターを押しましたよ。 アジサイ・紫陽花で有名な明月院は、開門時間に行きましたが、あっという間に人でいっぱいになってしまいました。押し出されるように明月院を出て、浄智寺に行きました。 このアジサイは浄智寺で撮りました。 今…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

風に乗って

鎌倉文学館のバラに戻ります。 白い一重のバラ「ホワイトウイングス」 その名の通り白い翼を悠々と広げています。大輪の色鮮やかなバラの中、清楚な魅力で目を惹きます。 白といえども一重といえども華やかです。 等倍でご覧ください。 下は「春の雪」新種のバラ。小さくて愛らしいバラです。 春の雪は、手に触れると消えてしま…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

京鹿の子

キョウカノコ・京鹿の子。 英勝寺と海蔵寺のどちらにも咲いていました。 京都の伝統的な鹿の子絞り染めからつけられた名前。 花も名前もかわいいです。 ピンクの花が、雲のようで・・ワタアメのようで気に入りました。 ツボミも太陽に照らされてビーズのように輝いています。 鎌倉。行けば必ず花との楽しい出会いがあります。 …
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

目覚める前

これも今年初めてです。アジサイ。海蔵寺で撮りました。 でも、まだまだ目覚め前といった感じです。 暑い日差しに照らされているからなのか弱々しく、地味ですね。 カメラをサービスセンターに持っていきました。1年の保障期間が終わる前に、中に入り込んだゴミを取り除いてもらうためです。10日間かかるそうです。淋しい10…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ショパンを聴きながら

鎌倉文学館で撮ったバラです。今回も赤です。華麗です。 ショパンのピアノ曲を聴きながら、並べてみました。 できれば画面をクリックして等倍でご覧ください。 気に入ったのはワルツ第10番とノクターン第1番。 そしてアンダンテスピアナートとグランドポロネーズ。でもこの曲はステキな曲なので・…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

鎌倉文学館

鎌倉文学館は、元は加賀百万石で知られる前田利家の系譜、旧前田侯爵の別荘でした。青い瓦とベージュの壁に茶といった和と洋の織り交ざったお洒落な建物です。現在は、鎌倉ゆかりの文学者たちの直筆原稿や愛用品などが展示されています。 広い洋風の庭には見事な芝生と、先にもご紹介した「バラまつり」のバラ園があります。 建物は三方を緑…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

空からの贈り物

今にも雨が降ってきそうな空でした。 雨が降り出す前に、早く撮らないと・・と思うと気ばかりが急いてしまいます。そして案の定、雨が降り始めました。もうこれでお終い・・と撮影をあきらめかけていると、嬉しいことに雨はすぐに止みました。 そして、花には小さな雨の雫がありました。 最初の写真の花びらに小さな雫がついてい…
トラックバック:1
コメント:27

続きを読むread more

バラまつり

鎌倉文学館のバラまつりを見に行ってきました。 写真を整理しているとバラの甘い香りが思い出されます。まずピンクのバラを集めてみました。 このバラまつりは6月1日までやっています。
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

マンサク君!

春にまず咲くからマンサク・満作。 以前明月院で撮ったものをアップしました。1月中旬でした。以来、あちらこちらでこの花を見かけます。 今回は、英勝寺。背景が春っぽくなってきました。 満作も満開。見ていると元気が満ちてきます。 親しみを込めてマンサク君!と呼びたくなります。
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

梅の迷い道

道を間違えてたどりついたのが英勝寺。鎌倉唯一の尼寺です。 お寺とは思えないようなオシャレな門構え。目的地ではないけれど、ちょっとだけと思い入ってみると、梅が満開でした。 梅のひとつひとつに雰囲気があります。 こちらも撮ってと囁かれているようです。 乞われるまま撮ってしまいます。 すっかりここの梅…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

雪の降る日

鎌倉・長谷寺の梅。 雪のように白く、雪よりも淡く 手のひらに舞い降りるとふわっと消えてしまいそうな梅の花。 昼から雪との予報にもかかわらず、梅を求めて訪れる人が多くいます。 満開とはいかなくても白梅も紅梅も綺麗。期待を裏切りません。 白梅は美しい・・・
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

東風吹かば

鎌倉・光則寺。 いつものように、寒々として今にも雪が降りだしそうな曇り空。 今まで梅は、遠めで、あっ咲いてるな、くらいの感じで軽く受け止めていました。 今回は、思いっきり梅に近づきました。 横から花の中を覗きます。 真横から眺めます。 この梅の色に形に、息を呑みます。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ロウバイ・再び

梅を求めて鎌倉へ行きました。 ところが、光則寺の門前で、真っ盛りのロウバイと出会いました。 背景の黄色のボケはもちろんロウバイです。 傷みもなく花がたくさんついていました。先月、何度か鎌倉でロウバイを見ましたが、その中でも花の咲いている密度が濃いように思いました。 ロウバイ尽くめのロウバイです。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

北鎌倉で

明月院のロウバイ。 ロウバイの花を大きく写した写真ばかり載せていましたが、本当は小さくてとっても可愛らしい花です。冬の冷たさにこらえながら健気に咲いています。 浄智寺のロウバイ。 終わりかけているとはいえ、遠目でみるとまだまだ楽しめます。鎌倉で毎週、建物をバックに花の写真を撮っているという人の話では、曇り空でちょっ…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

もう一度

どうしても、もう一度ロウバイが撮りたくて明月院へ行きました。 この日は快晴で暖かでした。 絞りを変えながら、できるだけ赤い色が綺麗にでるように露出も変えて撮りました。難しいですね。 絞りがF8(前回は、2.8)でも、接写の場合は下の写真のように前回と同じような結果(赤い花の奥にピントをあわせると内側の花びらがぼ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

透きとおる花

覚悟はしていましたが、 鎌倉のロウバイはどの木も、もう見ごろを終えていました。 ロウバイの赤い部分を中心に、ロウのような透き通った感じで撮ってみたいな、と思っていたのですが・・・。ちょっとため息出ちゃいました。 これは明月院のロウバイ。 今回も曇り空で、メチャメチャ寒かったです。ここのロウバイも、ため息出ちゃいま…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

寒い日に

ロウバイ・蝋梅。 鎌倉は曇り空でとても寒い日でした。2時間外にいると、暖房のきいたお店に入ってもコートが脱げないくらい体が凍えてしまいます。 ロウバイは木によってはすでに盛りをすぎているものもありました。この時期、寒いからこそ見られる花なのでしょうね。 この日、オートフォーカス(自動)からマニュアルフォーカス(手動…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花想い

お洒落で端正なお顔立ちのお地蔵さま。 鎌倉・明月院の花想い地蔵。 人は想い出とともに花がある? 私は花とともに想い出があるのかもしれません。 まだ硬い梅の蕾。 この花が咲き始めるとこのブログも1年になります。 花への想い。たくさん綴りましょう。
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

秋 霞

このブログに度々登場しているタデ科のヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)。 鎌倉・円覚寺のそれは、とてもとても見事でした。紅葉を楽しみに来ている人たちが、これは何?と足をとめます。道端などでよくみかけるヒメツルソバですが、こんなにたくさん咲いているのは珍しいのでしょう。人目を惹きます。 この写真は、実際よりもちょっとパープルがか…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more