テーマ:自然

携帯電話もパソコンもない一眼レフもない4日間でした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

微睡の森

迷える旅人よ この先は微睡の森ーまどろみのもりー 進むも引き返すも決めるのは己自身 進むならば・・・決して振り返ってはいけない・・・ ※画面をクリックすると等倍になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたつの海

カニを追いかけていたら、結局フジツボだけしか写っていませんでした。でも、私にとってはなかなか見る機会少ないのでアップしちゃいます。 ついでなので、海の写真もアップしちゃいます。 どうということはないふつうの海の景色です。 でもこれは先日アップした「幸福な瞬間」(←記事はここをクリックしてください)を撮りながら向きを…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

幸福な瞬間

今日は綺麗な花を前にして、あまり写真が撮れませんでした。 私にだってそんな時もあるみたいです。 江ノ島の海です。 写真に写っている人たち・・・この瞬間幸せなんだろうなと思います。 そして、それを撮る私はきっと・・もっと幸せなんだと思いました。
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

バラをあなたに

仕事でため息 家事でため息 人間関係でため息 ダメですよ~ ため息は、綺麗な花を見てするものです。 11月に撮ったバラです。 ピンクのバラに心癒されてください。 11月にアップしたものです。 大輪の色とりどりのバラ 黄色のバラ …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋から冬へ。そして・・

今年はもう撮り納めかな~と思いつつ・・・ 雨上がりとスイセンとサガンカと・・・欲張った1枚になってしまいました。 今年はブログを通して、写真を撮る楽しみを覚え、 さまざまな方と知り合い、楽しい時間を持つことができました。 暖かいコメントをくださる皆様 ブログにお立ち寄りくださる皆様 快く写真を撮らせてくだ…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

凍る滝

ミステリーツアーに行ってきました。 ミステリーツアーは、どこへ行くのか行ってみないとわからないツアーです。ツアー募集の時にヒントはありましたが、日本の観光地ならば大概当てはまってしまうような内容のものです。 集合場所の羽田空港から飛行機に乗るときに、行き先がどこなのかわかりますが、その先どんな観光地に行くのか、どこに…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

北海道・車窓から

天候が悪いために洞爺湖を前にしても、「ここに湖あるんですよ~」なんていうガイドさんの説明だけで見ることができませんでした。ところがバスで移動し始めると湖が姿を見せ始めました。走行中、車の窓越しに撮ってみました。それが上の写真です。 湖がわかるでしょうか。画像をクリックして等倍でご覧ください。窓ガラスが結露で曇っていたためなので…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北海道・ナナカマド

北海道に行ってきました。 行く先々、山で、街で、いたるところで赤い実が目につきました。 ナナカマド、七度カマドに入れても燃えにくいことから七竈・・というそうです。 覚悟はしていましたが、雨、木枯らしそして吹雪。雪がちらついたと思うと間もなく吹雪にかわるという不安定な天候でした。 葉が落ちた木と薄く積も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る   ・・・高村光太郎 「道程」より この写真を見て、こんな詩を思い出しました。 前を向いて歩きたい。 ・・と願っていますが、時にはちょっと立ち止まって振り返ってみるのも良いのかも。 道の途中でみつけた蛇口。馬かな?
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ほんの~り

仕事で、家事で、疲れた夜に、ほんのりやさしい色のバラはいかがでしょう。 ゆっくり眠れますように。
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

伊豆・城ヶ崎吊橋

今回の伊豆でのもうひとつの楽しみ。城ヶ崎海岸の吊橋。 あたりは絶壁です。 ここは伊豆高原の大室山の噴火によって溶岩が流れ出てできたリアス式海岸。断崖絶壁になっているところが多くあります。この吊橋は、サスペンスドラマなどにも良く出ているそうですが、残念ながら私は見たことがありません。 とても頑丈そうな吊橋なの…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

伊豆・旅のかおり

そこはまるで実験室。ワクワクしてしまいました。 よく食事をしたり旅行をしたりする友達3人と、「伊豆一碧湖香りの美術館」の『香り工房』実習に参加しました。食事にしても、旅行にしても、いつも友達が調べてくれて、私はついていくだけ。申し訳ないと思いながら、毎回たっぷり楽しませてもらっています。 今回見つけてきてくれたのがこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タデ・蓼

イヌタデ(犬蓼)と思われます。タデ(蓼)というのは、蓼食う虫も・・なんてちょっと失礼な言い方に使われたりします。同じタデ科のヤナギタデ(柳蓼)の葉と茎が苦く、そんなものでも食べる虫があるように人の好みは様々ということわざです。 食すのには適さないかもしれませんが、小さくて可愛くてお気に入りです。 下も同じタデ科でアキノウ…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

野のささやき

チカラシバ・力芝 風にそよぎ・・・さらさらさらさら・・・ 冬の女神がやって来るよ・・・ 虫も獣も長い眠りにつくよ・・・ とささやいて・・・ ・・・さらさらさらさら・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

燃ゆる秋

これは、ヒガンバナです。 写真を撮りながら…美しい花…と思いました。もちろん、このヒガンバナはどこにでも咲いているヒガンバナです。 この時期、どこにでも咲いている赤い花。単にそんなイメージだった花の印象が、この日変わりました。 いかがでしょう?
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

希 望

満ちていく月が好きなように、昇る朝日が好き。 生きていることに感謝。 新しい日を迎えられることに感謝。 全てはここから・・・始まります。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夏の終わり

海と空・・・その境がありません。雲も、人も。どれもが自己を主張していません。すべてが自然・・あるがままで溶け合っています。 あるがまま・・撮ったままでのアップをするようにしていますが、今回写真の左端を少しカットしました。顔が写っていましたので。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ヤマノイモ?オニドコロ?

ヤマノイモ(山芋)なのか・・オニドコロ(鬼野老)なのか・・。 以前、山芋(自然薯)堀りに同行したことが何度かありました。でも、力仕事は役立たずなので、いつも車の中で留守番をしていました。その時に、山芋の見つけ方、間違いやすい似た蔓があることなど説明されたように思います。でも、当時私は、調理されたものにしか興味がなかったので…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

どうして?ヘクソカズラ

屁糞葛・・漢字で書くのも、言葉に発するのもためらってしまうような名前です。 この花も小さくて目立ちませんが、ひとつ見つけるとあちこちで目につくようになります。見た目が、生地のベルベットのような不思議な質感の花です。他の蔓性の植物と同じように、どんどんいろいろなところに広がっていくのかもしれません。 それにしても、どうして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ガクヒメアジサイ・タマアジサイ

木陰の目立たないところで、アジサイと出会いました。 普通のアジサイより小ぶりで、紫色のかわいい形の花です。小さいので勝手にヒメアジサイと名づけていたら・・・本当に額姫紫陽花・・・という名前のようです。びっくりです。 しばらくすると、またアジサイ?と出会いました。これは、先のものと随分感じが違います。何が違うのかという…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

真夏に咲く・カボチャ

太陽の日差しが強烈でも・・なんとなく安心して見ていることができる花です。葉も茎も花も大きくて・・存在感があります。 セミの抜け殻を見つけました。セミを見守る優しさと。大地を包み込むようなおおらかさとたくましさと。母性を感じます。 花はやがて大きな実に変わります。 パンプキンパイ・・作ろうかな
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

真夏に咲く・ムクゲ

ムクゲと空色の組み合わせが好きです。 ムクゲの花言葉は、尊敬・信念・繊細美。 ムクゲは、夏の長い期間、花を咲かせて楽しませてくれますが、個々の花は、朝咲いて夕方には閉じてしまう一日花。 凛とした強さを感じさせる反面、可憐さと儚さがあります。 上の花は八重、下の2枚が一重、花の形が違います。 ムクゲは…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

真夏に咲く・紫陽花

毎年、冷房の中で過ごすお盆休み。 今年は、ちょっと違いました。何年かぶりに日焼けを経験しました。少しの時間ですが、デジカメ持ってウロウロしたためです。 花達は、猛暑、酷暑の中、懸命に健気に花を咲かせています。いつもは見ることも気づくこともなかった真夏に咲いている花達。カメラを向けたいくつかをアップしようと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花Ⅳ

ブログを始めてまもなく半年。 写真は、携帯(W32T)と、夫のコンデジ(PENTAX Optio Wpi)を使っていました。1ヶ月前、デジタル一眼レフ(Canon EOS Kiss Digital X)を購入。そして最近、新たに思いがけずコンデジ(Panasonic LUMIX DMC-TZ3)が加わりました。全く予想外の展開…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

紫陽花Ⅲ

湖水に浮かぶ白鳥のように・・・ 軽やかに踊るバレリーナのチュチュのように・・・ 春の日のそよ風のように・・・ …なんて感じで、撮りたかったのですが…なかなか・・・。 これは庭の額紫陽花です。1ヶ月撮ってみましたが思うようには撮れませでした。でも、見ごろもそろそろ終わりそうなので思い切って掲載します。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ナワシロイチゴ

青いガクアジサイの近くで見つけました。ナワシロイチゴ(苗代苺)。赤い実がなり、食べられるようです。アジサイにくらべると、目立つことのない見逃してしまいそうな小さな小さな野の花です。 コンデジを向けていると、ふわりとその花の世界に引き込まれます。アジサイに負けない輝きを見せてくれます。 次回は、花ではなく、実を撮りに・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

紫陽花Ⅱ

近くで見つけたガクアジサイ・額紫陽花。周りを大きな花で囲まれ、中には、小さな花がたくさんあります。 とても濃い鮮やかなブルー。藍色にほんの少し紫を加えたようなブルーです。2日続けて見に行きました。1日目は、午後夕方近く、晴れてはいましたが、太陽が山の向こうに隠れようとしていました。2日目は、午前、太陽の光を真正面から浴びて…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

紫陽花

鎌倉の紫陽花を見たい・・と思ったのですが、土日なんてきっと凄い人に違いありません。紫陽花よりも人を見にいくようなものかもしれません。桜にしても、紫陽花にしても、日本人は花をこよなく愛する人種のようです。季節を愛しているのでしょう。同じものを好むことを・・愛しているのかもしれません。 私も、そのひとりです。 写真は、近…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ウツギ(卯の花)

写真の整理をしていて、でてきたのがまたまた白い花。ウツギ(空木)。ちょうど一ヶ月前に撮ったものです。難しいと言いながら何枚も白い花を撮っていたようです。 「夏は来ぬ」という小学唱歌にでてくる「卯の花の匂う垣根に・・」というのがこの花のこととか。なんとなく歌は覚えていて口ずさむことができます。 この花をみて昔の人は・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more